MEGのLA留学日記

アメリカでうろついてる日本人のだらだら日記

点字ブロックの日

みなさんこんにちは

ロサンゼルスでは雨が続いていて日本の梅雨のような気分です

3月にもなったらいつもだったら乾燥してて暑くて半袖シーズン始まって...といった感じなのですがなぜかセーターとジャケット着ています。

今年のカリフォルニアの雨は異常。

10月から2月の間で例年の1年分の雨が降ったそうな。いつもは茶色の山がオレゴン並みの緑。

 

そのような若干沈む気分の日々ですが今回のブログは点字ブロックのお話!

何が関係あるのさ、と思った方もいらっしゃるかもしれないですが、数日前に起こったちょっとした体験についてシェアしたいと思ったので。

 

私は今のリベラルアーツ大学でマーケティング専攻、グラフィックデザイン副専攻しています。グラフィックのコースで今回 Advertising Design というものを受講しています。いわゆる広告のデザインです。

 

クラスはスタジオスタイルで基本毎日自分のデザインのプロセスをプレゼンする、デザインする、といった流れです。今のプロジェクトはunconventional adといって一般的な広告とは違う広告を作る課題に取り組んでいます。インスピレーションボードを作って発表する時に私はレゴの点字ブロックを使った広告を入れました。

f:id:megjessg:20190322035220p:plain

レゴの点字ブロックを使った広告


視覚障害者のための点字ブロックの丸いボコボコがレゴとマッチするというシンプルながらもすごいクリエイティブな広告。元から存在する環境を使う、というところも参考にしたいです、といった風にしゃべっていたら教授に

「それって視覚障害者のためのものだったの!?知らなかった。」と言われました

一瞬目が点になりました。スーパの外でカートを押す時にボコボコが邪魔だなーっておもっていたんだよ、とまで言われました。

公共交通機関を使わず基本は車移動のロサンゼルスだから知らなかったのでしょうか?理由はよくわかりませんでしたがあまりにも多くの人が知らなかったことに驚きました。

最終的にはやっと点字ブロックの用途がわかってなんとなく罪悪感が湧いてきた、と教授...笑

授業の後に他の人にも聞いてみたところ数人点字ブロックの用途を知っている人に出会いました。だから全く知られていない訳ではないらしい。

日本人なら当たり前に知っていてアメリカに普通に存在しているものも一般のアメリカ人で知らない人が多いものなのか、と実感させられました。日本だとよく広告で点字ブロックを塞ぐな、とか、ものを置くな、とかいう広告を駅のプラットホームで見かけますがそういえばアメリカではみたことがない気がする。

バリアフリーに対しては結構繊細だと思っていたんだけどなあアメリカ。

信号だって渡る時に音なるし。

私の大学で建物に入るのに階段だけでスロープがないといって訴えられた、なんて話も聞いたことがあります。(建築専攻まであるのになんで元からなかったのかは謎)

でも道ボコボコだし公共のトイレとか音声案内ないし、自動ドア付きのいわゆる多目的トイレ、なんてものもあまりみた記憶がない。

 

 

そんな時にたまたまグーグルの検索エンジンのページが点字ブロックのイラストでした。クリックしてみたら3月18日は点字ブロックの日。

f:id:megjessg:20190322061710p:plain

点字ブロックの日のグーグルの検索エンジン

そして発明者は日本人とのこと。気になって調べてみたら岡山の発明家、三宅精一さんが発明し、1967年に初めて設置されたんだとか。

発明に関してやはり、日本は気づくところがアメリカとは違う。気遣いができるってやはり日本人として大事にしたいところだな、と思います。

参考までに記事貼っておきます

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5c8f2106e4b0d7f6b0f5093a

意外なところでメイドインジャパン。私も一つ賢くなりました。

みんなに点字ブロックのことを広めてくれてありがとうグーグル。

 

今回もなんだか長いツイートみたいなつぶやきですが。

未だにアメリカの知らないことあるなーと思って。

次は大学の授業の内容の記事を書きたいと思っています。

 

 

インスタで日々の学生生活更新しているのでよかったら。

 

www.instagram.com

 

未だに不可解なアメリカ英語

Odai「これって私だけ?」

みなさん、だいぶ、というかもの至極お久しぶりです🙇‍♀️

恐ろしいことに最後の更新から1年経ちました。

2019年の課題の一つにブログにもう少し力を注ぐことに決めたので頑張ります。(前にも言った気がして来た)

一年も更新してもいなかったにもかかわらず月のアクセスが200くらいあって感激してます。ありがたい。

私は今年から大学4年生になりまして何も問題なければ12月には学校とはおさらば、の予定です。

高校卒業して渡米してから4年経ち周りに全然日本人がいないものでアメリカ人の中にもだいぶブレンドインして来た方ではあってもたまに留学生と話すと「なんでアメリカ人ってこういう表現をするんだろうね」というとこが多々。

そんなわけで今回の記事は不可解すぎるアメリカ人の表現について愚痴っていきたいと思います🇺🇸

 

f:id:megjessg:20190222152207j:plain

 

  • Say Hi ◯◯ for Me

私の中でこれが一番と言ってもいいほど意味わかんないです。まず、高校の英語などでは習わない表現だと思います。例えば、友達とご飯に行っていて友達に「最近◯◯はどんな調子なの?」と聞かれます。ああ、彼女今仕事で忙しいみたいだよ、とかいうと "Say Hi ◯◯ for me!" と言われる流れです。

いわゆる日本語の「よろしく言っておいて」と言ったところなんでしょうがあまりにも軽すぎる。Hiて。Hiて言われても。最初言われたときにはなんで?って思いました。

宜しく言っておくのはいいんですがさらに意味わからないのがそのHiのメッセージの流し方。大体がテキストで"▲▲ said Hi".......はい?それになんて返したらいいんですか。人伝いにテキストで挨拶されるのが不思議。そんなのHi返しするしかないです。謎のHI三連発。仕事とか学校の調子聞いてた、と言うわけでもなく。普通にその人の近況が気になるなら直に言えばいいのに。大体ストレートに意見をいうアメリカ人がどうしてこういう時だけ遠回しに言うんだか。

 

  • Dude

アメリカならではのスラング。そのまま訳すとお前、という意味。基本使うのは男性。"Oh, Duuuuuuuude. That's so dope."とかそんな使い方してます。Dopeはまた違うスラングでイカしてる、と言う意味。アメリカ人大学生同士で話をしていると一回は聞くフレーズ。聞きすぎるとなかなかしつこいです。女子同士でもたまに言う人達もいます。

 

お前という意味以外にも挨拶や感情を表す時にもよく使われます。

普通にDude入れなくても文章通用するよ?と言いたいところですが日本語にも同じような言葉が存在するのでなんとも言えませんが...「エモい」とか。最近帰国するたびに新しい単語が増えていて若者にはついていけないです。

個人的にボキャブラリーが少ない人に聞こえるのであまり多用することはお勧めできませんw

 

 

  • お疲れ様とストレートに言えない

大学のグループプロジェクトのミーティングが終わったらお疲れ様と言う。

長いシフトの仕事が終わったらお疲れ様です、という。日本語には欠かせない言葉ですよね。

友達ならばGood job team!などと言えます。でもカジュアルな言い方なので目上の人には言えません。日本の丁寧なお疲れ様です、お先に失礼します。といった人を尊重する言い方って英語では難しい。

いっても"Have a good night. Bye. I'm going home."つまり、「おやすみ。バイバイ。帰ります。」笑

 

  • ごちそうさまもストレートに言えない

素直にいったら"Thank you for the meal." でもなんとなくニュアンスが違う。日本語の繊細さがやっぱ恋しくなります。

 

はい、基本的に愚痴になりました。

英語を喋るときには日本語のスイッチをオフにして翻訳をしないようにしているんですがやはり第一言語が優って外国語を完璧に理解するのはなかなか難しいです。むしろこういうもんなんだ、って放棄してます。

最後まで私のつぶやきに付き合っていただきましてありがとうございました。

留学やアメリカ関係のことで知りたいことがあればリクエスト待ってます。

 

 

よかったらInstagramフォローお願いします🎥

www.instagram.com

 

 

数学ができないアメリカ人

みなさんこんにちは

2018年一発目のブログ💪🏼

久しぶりにネタ(?)っぽい記事です

 

アメリカでの数学の授業についてです🤓

留学前に数学を英語で解くことにに対してとても不安でした。

今まで4つほどの数学や統計関係の授業を4つ以上とってきましたが特に問題なし。

少し苦しんだといえば文章問題で単語の意味がわからなかったくらい。

gleeの中でアジア人のTinaがテストでA-をとってAsian F(A-はアジア人にとってのFだという意味)などと言っていたシーンがありましたが、特に留学生アジア人にとって数学の授業は簡単です。

今回は「え、アメリカ人数字に弱すぎだろ」、っていうエピソードを紹介したいと思います。

 

暗算(というか紙の計算)が基本できないアメリカ人

九九ができない人に出会ったことがあります。

二桁と一桁の足し算ができない人に出会ったことがあります。

そのせいか友達とご飯を食べに言ってお会計で割り勘とかの時結構な割合で計算任されます。

しかも紙上の計算も苦手な人が多いです。

例えば

7+8×(102÷10×5)

このような計算式で隣に座っていたアメリカ人に計算の仕方を聞かれたことがあります。どうやら答えと数が違ったようです。

私の解き方を見せるととりあえず途中式で÷2になってるのに驚かれます。当のその子は何をしていたかというと50で102を割っていたんです。

その後まさかとおもったら7と8も先に足していました。

一度生徒が計算の仕方に困惑して先生が計算の優先順位について説明し出した時にはさすがに驚きました。

 

計算機を使いまくる&ハイテクな計算機を使う

しかも普段授業に持ってくる計算機が家計簿とかに使うあの計算機じゃないんです。

こんなのを使います

f:id:megjessg:20180216124315j:plain

かっことか分数が計算できる計算機

それは暗算しなくなるわけだ…😒

 

テストに計算機持ち込み可

プロセスの方が大事だとかなんちゃかで計算機持ち込み🆗なテスト

アメリカのセンターとも言えるSATでも持ち込み可でした

これがみんな普段の生活で暗算できなくて困ってる理由だと思うんだけどな…

 

自分が数学の天才に思えてくる錯覚

ナルシストではありません決して。

数学のテストがある時に9割型一番はじめに終わって早く帰ります💃🏻

日本では理系ではありませんでしたがもともと公立の文系を目指していたので数2Bまではやってました。

数学は苦手でなくそこそこ好きでしたが日本の学生の普通の数学の教育レベルを受けてきた私でも数学の天才かのように思えてくるアメリカの授業。

私だけではなく他の留学生にも同じような経験がある人いっぱいいます。

しかも先ほどの写真のハイテクな計算機をみんな使っているので暗算の速さは関係ありません。

果たしてみなさんどのような遠回りをして問題を解いているのか不思議でならない。

 

24時間表示の時計が読めない

みんな普段AM PMでしか時間を数えないそうで24時間表示の時計を読むのは軍隊のひとくはいだそう🕰

そう思ってみんなの携帯をみるとAM PMしかほんとにいない…

一度軍隊にいた方に携帯見られて24時間表示だってことに感心されたことがあります笑 

つい最近友達の充電が夜に切れて何かをググる為に携帯を貸したんですが

「え!?なんでもう11時なの!?」

といわれ絶対嘘だ、と思ったら22:00😑

11時なら1日24時間のうちあと1時間しかないから24から1引けばいいでしょ、と突っ込みたかったのですが傷つけてはいけないと思い24時間表示は午後になったら12引けばいいんだよ、と教えてあげると

「そういうからくりなの!?」て。

うーーーーん🤔ノーコメント笑

 

こんな感じで英語力で日本人は負けますが他に勝てるところはいっぱいあります。

不安な点がいっぱいあってなかなか留学に踏み出せない、という人々の為にこういうリアルなとこも出していきたいと思います。

日本人がんばれ👍

ポートランドにいってみた

みなさまこんにちは

気がついたらもう年末になってしまいました

ブログかなりサボってしまいました

ただいま秋学期も終わり、冬休みで年明けまでは日本で過ごしています

日本、寒いです。カルフォニアから帰る前の日とかは半袖着ていたので温度差で風邪を引きそう

 

そんなことはおいといて今回は久しぶりにお題スロット使います

Odai「もう一度行きたい場所」

アメリカにいる間には国内旅行をいっぱいしたいな〜、とか思いつつなかなかいけてない旅行

でも今学期は連休を使って旅行に行って来ました

行き先は…

Portland (ポートランド)

日本ではあまり取り上げられない?感じのする場所ですが3泊4日行って比較的滞在しやすい場所で楽しく過ごすことができました。

もう2ヶ月も前の旅行なので「もう一度行きたい場所」、として使わせていただきます笑

 行ったところなど紹介します

 

ポートランドってどこ?

ポートランドはオレゴン州の北端に位置しています

オレゴン州は長〜いカルフォニア州の北になります

今回LAから飛行機で行って2、3時間ほどでつきました

上がもうすぐワシントン州なので頑張ったらシアトルとかも一気に旅行行けるかもしれません

ポートランドはとても綺麗な街で人の優しいところでした

https://www.instagram.com/p/BZ_48Y9H0J2/Portland🏙🌳

Downtownは高いビルと赤レンガの建物のコントラストが独特

街の中にはおしゃれなショーウィンドウのお店やかわいいインテリアのお店を発見

https://www.instagram.com/p/BaDSC7rnYYp/

Room decor goals😍

Pearl District

かわいいブティークがたくさんありました

https://www.instagram.com/p/BaFuT61HlOV/

Succulents🌵 & Light Bulbs💡

 

ポートランドはあまりザ・観光と言ったスポットはあまりなく、どちらかというと地元の方の生活を楽しんでみるスタイル

Uberのドライバーさんに教えてらった場所にいくというゆるゆるな旅行のスタイルでした

Powell's Booksというすごい大きな本屋さんや日本庭園、バラ園がおすすめです

 f:id:megjessg:20171229010623j:image

かわいくていわゆるインスタ映え?wする場所もたくさんありましたがポートランドですべきことのもう一つはグルメ

水が綺麗だからかシーフード系はとても美味しかったです

特にサーモンが有名なんだとか

f:id:megjessg:20171229011200j:image

アメリカでは基本的にシーフードは少し高価なイメージがありますが、ポートランドでは食べるべき!

なぜなら消費税がないから

これは日本から見ても夢のようなことですよね

いつもじゃいけないようなおしゃれなブランチのお店などにも行きました

f:id:megjessg:20171229011058j:image

なので買い物をするチャンスでもあります笑

 

二つ目のグルメはドーナッツ

Blue Star DonutsとVoodoo Doughnutという二つのユニークなドーナッツ屋さんがあります

Blue Star Donutsではクリームブリュレのドーナッツにオレンジリキュールの入ったスポイトが刺さったものを購入

f:id:megjessg:20171229010707j:image

Voodooはもっと独特で店の名前通りVoodoo人形の形をしたドーナッツが人気です

中には血をイメージした不思議なジャムが入ってます(ちゃんと美味しかったですよ)

 f:id:megjessg:20171229010743j:image

 

次はアイスクリーム

先ほどのドーナッツに続き不思議なフレーバーが多いSalt&Strawというアイス屋さんに行きました

フレーバーは季節ごとにコロコロ変わりますが私が言った時にはアボカドとストロベリーのソルベがあったりマッシュポテトのアイスがあったり

最初美味しくないだろうと思いましたが意外と美味しくてハマります

 f:id:megjessg:20171229010853j:image

 

最後はコーヒー

やはり水がおいしいせいかコーヒーは粉っぽくなくてちょうど良い濃さ

有名なコーヒーショップStampton Coffeeがおすすめ

f:id:megjessg:20171229010930j:image

他の都市にもあるそうですがやはりオリジナルの味が一番だそうです

 

ダウンタウンだけであれば比較的歩け、狭い範囲で動けるので街の見学はとてもしやすいです

忙しすぎない旅をしたい方におすすめです

 

治安は安全な方だとは思いますがここではマリファナが合法で普通に道端で吸っている人がいて少し驚いたり、

今ホームレス問題に悩まされているポートランドではホームレスの人に入られないようにほとんどのトイレにロックがかかっていてお店を利用する人のみしか使用できないのでトイレに困ったり、といったこともありました

そのあたりを気をつければ大丈夫だと思います

 

それではみなさま良いお年を🎍

来年はもう少し頻繁に更新できるように頑張って行きます

日本のスタバ vs アメリカのスタバ

 

みなさんこんにちは 

今回はみんな大好きスタバのおはなし

アメリカにわたって二年が経ちました

そこで気が付いたのが日本とアメリカのスタバの違い

 なので私の勝手なる分析をボソボソ書いていきます

 

f:id:megjessg:20170714235714j:plain

 

初めて目次の機能を使ったのですがなんか役に立ちますかね? 笑

 

日本のスタバ

まずはじめに日本から

素晴らしい季節限定メニュー

春には毎年桜の何かが出て、そしてそのあとにはストロベリー、桃などと季節物のドリンクがいつもメニューにありますよね

私の最近の限定メニューのお気に入りはベイクドチーズのやつです(最近でもないか)

クリームがホイップでなくて上にクランチみたいなのかかってて美味しかったです

 

そしてもっと最近で言うとこれ。

 

f:id:megjessg:20170714235736j:plain

抹茶チョコケーキフラペチーノ

まさかケーキが中に入ってるなんて!とアメリカの友達も驚いていました

日本の季節限定、強いです

シナモンロール

なんで急にシナモンロールなんだ、っていう感じですが私あのシナモンロール大好きなんです

でも、アメリカにはないんです

もちろん日本にあってアメリカにないスタバの食べ物のメニューもあるんですがこれが一番アメリカに行ってからショックでした笑

 

 アメリカのスタバ

 

カスタマイズが幅広い

基本的になんでもやってくれます

アメリカってシークレットメニュー多いイメージですよね

中でも有名なのがコットンキャンディーフラペチーノ

https://www.instagram.com/p/16eF5NvDRo/

Fist time to try starbuck's secret menu😝 #スタバ #フラペチーノ #コットンキャンディー

 わたあめに近いか?というと謎ですがバニラのフラペにラズベリーのシロップを足した飲み物

色が可愛いですからね

他にはアリアナグランデフラペ、シナモンロールフラペ、などなどお客から生まれたフラペは様々

メニューに載ってなくてもほどほど慣れたバリスタなら名前を言えばわかってくれます

わからなかったら頑張って地道にカスタマイズしてくださいw

 

私もそんなにスタバのカスタマイズの冒険をしたことがありませんがフラペにバナナ入れたりもできますよ

https://www.instagram.com/p/65oZeAPDZk/

Perfect weather to have Starbucks drinks in outside🌞☕️🍃

 

雑?アメリカのスタバあるある三大事件

アメリカのガサツさのせいで今まで私に起きた3つのこと紹介します

  • キャラメル沈没事件

キャラメルマキアートを頼んだんです。アイスの。

注文の時には何も悪いことはなかったのですが、飲んでみたらキャラメルの味がしないんです。

あんまりソース入れなかったのかな?と思ったらいきなり沈んでたキャラメルの塊が口の中に😶

ホイップの上にかけるキャラメルのソースが綺麗にまあるく入ってなくて塊で入っていたんでしょうね

衝撃でした

このときは本当に日本人の繊細さにありがたみを感じました 

  • 抹茶まざってない事件(度々、むしろ毎度)

日本にアイスのグリーンティーラテってないですよね

アメリカ にきて始めて存在をしった時に頼んで、味は美味しかったのですがたまに塊のようなものが口に入ってきたんです

抹茶と砂糖の塊みたいなのがうまく混ざってなかったんでしょうね

舌触りがなんとも言えない感じでよくないw

コーヒービーンとかにいくとお湯で最初に溶かしてから冷たいもの入れるんでそんなこと起きないんですけどね

  • 注文すり替え事件

名の通り人と注文すりかえられました

気がついたら違う人が持って行ってたんです(名前確認してよ)

私の注文が誰かに持って行かれた話をバリスタにしたら疑いもせず普通に自分のもう一回作り直してくれましたけどね(その辺のテキトーさは助かる) 

 

こんな雑なことが損があったこともありましたが得したことも

誰かが自分のドリンクを取りに来なかったのでバリスタさんがきみ、持って帰っていいよ。といわれ持って帰ったことが

そしてバリスタがオーダー間違えて違うものを二つくらい作ってしまったので友達からタダでドリンクもらったり

雑、イコールといってはなんですが皆さんフレンドリーです(もちろん地域、店舗によって異なりますが)

 

こんな感じで今回はゆるくスタバの話書きました

最近のアメリカのスタバのお気に入りはShaken Ice Tea の緑茶砂糖抜きです

一回砂糖入れたら美味しくなかった…

次は同じシリーズのパイナップルブラックティー試したいと思います

ではでは

 

SNSフォローお願いします

www.instagram.com

twitter.com

 

アメリカの大学の授業って大変?

みなさんこんにちは

今日は私がアメリカの大学に通ってどんなことをしているのかお話したいと思います。

私はとても小さいリベラルアーツ大学に通っていて州立大学よりもはるかにクラスの規模が小さく20人ほどです

そのためかレクチャーよりもディスカッションが多かったりします

セメスター制なので一年二学期で学校は動いています

専攻はマーケティングでマイナー専攻でグラフィックデザインを取っています

ただいま二年生の一学期を終えたわたしですが昔にうけた授業で何をやっていたか、など書いていきたいとおもいます

海外の大学への進学を考えている方の参考になれば、と

f:id:megjessg:20170714235147j:image

一年生一学期(春)

私の学校はフルタイム生徒の場合最低12単位、最高18単位取らなければなりません

だいたいの授業は3単位なので4~6個授業をとる仕組みです

アドバイザーからは最初の学期は欲張りすぎないほうがよいといわれました

クラスが始まって二週間はadd/drop期間といって受ける授業を入れ替えることができ、その期間を経たあとこの学期は5つの授業15単位取ることにしました(ちなみにその期間後に授業を変えようとすると単位を落とすことになります)

一学期目にとった授業は以下の通り

 

  • Bridge Academic Writing

オリエンテーションの日にテストがあり自分のライティング力がはかられました

トフルみたいな感じのテストでした

私の大学のビジネスのカリキュラムにはWRIT 100, WRIT 111, WRIT 112という三段階のレベルに分けられていて順に授業を取っていくのですがそのテストでWRIT 100を取らなくてすむか、というのが決められます

で、私はだめでした(まあ留学生ですから)

残念ながらどんな大学でもライティングは免れられません笑

そしてカリキュラム上ライティングを終わらせないととれない授業とかもあるのでちゃっちゃと終わらせてしまうことをおすすめします

最初の学期は一番低いレベルのライティングをとりました

授業の内容はとりあえずひたすらペーパーをかきます

大きいペーパーはおそらく6枚ほど書きました

 本当にライティングが苦手だったので生徒チューターのいるライティングセンターに通い詰めていましたw

すごい宿題の多いクラスでしたが最終的に成績はAだったのでがんばれば結果の出るクラスでした

 

  • Business Foundation

 ビジネスの専攻でもちろん基本から学ぶのですがとても大変な授業でした

3期大学に在学して受けた今までの授業のなかでこの授業が一番大変でした(基本のはずが)

テストの数はもちろん書かなければならないペーパーが大量にありました

テストはシラバスのテストから始まり、どうやったらお金持ちになれるか、という本の毎週恒例ミニテスト、教科書のビジネスワードテスト(毎回百個くらい)などなど。

ペーパーは普通のリサーチペーパーのみならず、自分で家計簿を三か月つけてお金の管理についての分析のペーパー、毎プレゼンなどの後に書く反省文、などと数えきれない宿題がありました。

プレゼンは自分を短時間でアピールするエレベーターピッチ、Wall Street Journal の記事についてのプレゼン、有名企業のCEOのSWAT分析、そしてそのCEOのグループプレゼンがありました

 

教授は女性で自分のことを魔女と呼んでいましたw

そしてあまりにも授業がきついせいかブートキャンプと呼んでいました

今までの授業でも印象のキョウレツな授業で自分でもどうやってこの授業を乗り切ったか覚えていないですが確実に精神的に強くなりました

 

  • Public Speaking

 ざっくりいうとプレゼンの授業です。どこの大学でもどらなければならないGenearal Education の一環です。

私は7week courseというのを取っていました。普通の授業は15週ですがこのコースは1コマ2倍の時間で半分の機関で終わらせようというものです。

なので当然一週間の重みがけっこうあります笑

プレゼンの授業なのでもちろんプレゼンの発表が4つくらいあります。

そのほかにも授業中にグループワークがあったり普通の講義があったりします。

 

この授業はもともとそんなに大変ではないので7週間でも平気だと思って受けたのですがなかなか大変でした。

そもそも英語が第一言語ではない留学生にとってプレゼンは簡単ではありませんでした。

なによりネイティブたちの前でプレゼンするのが最初は怖い、としか思えませんでした(留学生も少ないクラスだったので)

 クラスが小さいおかげかこの授業を通し次第に緊張感は薄まっていきました

それでもまだプレゼンて留学生に不公平だな〜って思ってしまいます😂

 

  • Intermediate Algebra

 数学の授業です

はっきり言ってこの授業は史上最強に楽チンな授業でした

なぜならご存知の方も入らっしゃると思いますが日本の高校の数学のレベルってアメリカのレベルより高いんです

 

1番驚いたことはテスト中に電卓を使うことが許されるということです

むしろ、持ってきてくださいって言われます

2桁の足し算でさえも使えます

なので全く心配することはありませんでした

強いて言えば文章問題などで単語が難しく感じるくらいです

 

  • interdisciplinary Studies (Nature)

この授業が一学期1番大変だったかもしれないです

Interdisciplinaryというと聞きなれない言葉ですが、さっくり訳すといろんな分野の勉強、です

最初アドバイザーに難しい授業だよと言われていたので覚悟してはいたのですがそれでもナメてました
 

まずはじめに宿題の量がすごいです

本を読む宿題が多かったです

授業ではフランケンシュタインとシェイクスピアを扱いました

普段英語の本を読まないわけではないのですが、授業となるとまた違いますよね

日本語でも同じですがストーリーの奥深くを突き止めなきゃいけないんです

しかも古い作品なので英語の言い回しも古く読みづらい事と言ったら…笑

ミニテストではい!この場面でなにが起きたでしょう!とかいう質問があったときはじめは

「AさんとBさんが森で出会いました」

みたいな漠然とした事しか書いていませんでした

本当はなんでそんな事が起きただのそのAさんとBさんの関係性とか書かなければならなかったらしく最初の小テストは15点とか😐

全くわからない時には0だったときもありました

単位を落としかねないと思った私は先生の所に相談にいきました(すぐ相談に行けるのも小さい学校のいいとこ)

漠然と不安なんです!と先生にぶつけた所

日本語版読んでみたら?と勧められました

もっと簡単な方法を探してもなかったので仕方なくその方法を実行し、最終的にこの授業だけのために2x2=4冊の本を読みました😂

鬼畜です

そしてこの授業のテーマはNatureずばり自然、という事で本の中での自然の使い方について自分の解釈についてものすごく長いエッセイを書かされました

なんだか意味分からないと思いながら怪物は森の中にいると人の目を気にしなくてよくて社会がない場が彼にとって幸せなんだ、とか書いてました笑

 

そして最後にはバラエティに富んだ授業らしく各自の専攻とWilderness(直訳すると未開拓地?)についてのエッセイを書く課題がありました

はじめに何か題材に向いた記事を探さなければならなかったのですが先生に三回くらい提出してやっと受け付けてもらいました

アメリカ人もよく落とす授業らしく一年の一学期で取ることに周りから反対されることも多々ありましたが晴れてB+を取ることができました👏🏻👏🏻👏🏻

(この授業でA取る人は0でB+はAみたいなものだと言ってもらったのでもうなんでもいいです

あーつらかった

 

 以上です

なんだか今回のブログ久しぶりながらもの至極長いものになってしまいましたが

お時間あれば読んでください笑

 

 

 SNSフォローお願いします🙏

Twitter: Meg♛留学@LA (@MegleekJsc) | Twitter

Instagram: http://Instagram.com/megjessg

 

 

La La Land(ララランド)撮影スポット紹介

みなさんこんにちは

今回のブログは映画ララランドについて

アメリカは日本より二か月ほど早く公開されました

日本でも最近公開されましたね🇯🇵

f:id:megjessg:20170308134550j:image 

大好きなエマストーンが主演だということとLAが舞台だということで久々に公開前からずっと楽しみにしていた映画でした

(先日のアカデミー賞では主演女優賞獲得しました。残念ながらあのような形で作品賞は逃してしまいました。

そして期待通りの映画で二回も映画館に行ってみてしました笑

なので今回はネタバレ薄めにレビューとせっかくLAの近くに住んでいるのでロケ地について書いていきたいと思います

 

まずはレビューから(ちょっと遅い気もしますが...

映画をまだみていない方のためにざっくり内容を説明すると

女優の卵のエマストーン演じるミアがオーディションに落ち続けている中、ジャズのクラブをいつか経営すつことを夢見るライアンゴスリン演じるセバスチャンに出会うおはなし

ひとつこの映画で多分皆さん賞賛されるのは音楽ですが私もサントラを毎日のように聞いています

セバスチャンがジャズのクラブを持つこと、ということでジャズサウンドの音楽が逆に新しい気がします🎷

私のお気に入りはエマとライアンがタップダンスをしながらデュエットする"Lovely Night"(なぜアカデミー賞でこの曲がノミネートされなかったのかと地味に不満でした笑

ストーリーの進み方も私は好きです

私はエマストーン演じるミアのように女優になりたいという夢はありませんがLAという都会で夢を追いかけながら四苦八苦している姿は身近に感じることができました

色々ほかの方々のレビューとかをみてみるとエンディングで賛否両論あるみたいですね

私はエンディングに納得いった側ですがなんとなくもやっとした感じはします

「セッション」と同じ監督だと考えると彼の好みなんでしょうかね?

あのなんともいえない、まだ続き見せてよ!みたいな終わり方は

そして一度目に見た時になんかの映画に似てるなーと思って考えてみたんですが

「雨に唄えば」になんとなく雰囲気にてるんですよね。レトロな感じが。

f:id:megjessg:20170308134604j:image

色味とミュージカルとタップダンスっていう共通点だけかもしれませんが

私と同じように思った人います?笑

 

それでは映画の中で出てくるLAスポットを私の知っている限り紹介していきたいと思います

ワーナーブラザースタジオ

(Warner Bro Studio)

ミアがアルバイトしていたコーヒーショップがスタジオの中にある設定です

バーバンクに位置しています

いつも通り過ぎてしまうだけで中には入ったことのないスポットなので写真はありませんがいつか見てみたいスポットです

中では様々なドラマや番組の撮影が行われています

去年まで放送していたプリティーリトルライアーズや長年の人気番組エレンショーの収録が行われています

有料ですがスタジオツアーなどもあるので観光スポットにもおすすめ

 

グランドセントラルマーケット

(Grand Central Marrket)

https://www.instagram.com/p/BQ7JKcsj0Gw/

Another LA LA LAND's shooting location👉Grand Central Market

 映画のなかではほんの一瞬しかうつっていませんがミアとセバスチャンがデートしていた所

f:id:megjessg:20170308133937j:image

ダウンタウンにあるグルメスポットです

以前マーケットにあるEgg Slutについて紹介しました

 

megjessg.hatenablog.com

 

他にもアイスクリーム屋さん、ビーガンラーメン、タイ料理などいろいろなお店が集まっています

 

グリフィスパーク、グリフィス天文台

(Griffith Park)

https://www.instagram.com/p/BPTdRXmgvpJ/

Hello LA👏🏻🌅念願の天文台にやっとこれた

 ここは何回も映画のなかで出てきました

二人の初めてのデートにもでてきます

f:id:megjessg:20170308134459j:image 

f:id:megjessg:20170308134713j:image

そしてここは有名な観光地でもあります

中は科学館のようになっていてプラネタリウムや天文学の資料などが展示されています

f:id:megjessg:20170308134022j:image

入るのには無料ですがもしかすると一部展示をみるのにお金がかかるかもしれません

そして外に出るとLAをすべて見下ろせるようになっています

明るい景色と夜景を両方みれる日の落ちる夕方あたりに行くのがおすすめです

 

コロラド橋

(Corolado Street Bridge)

パサデナにある街灯が印象的な橋です

ここもミアとセバスチャンが散歩していたスポット

f:id:megjessg:20170308134512j:image

ちかくにはオールドパサデナという西海岸の雰囲気をかんじさせないかわいくておしゃれなストリートがあるのでおすすめです

 

以上でララランドの撮影場所を紹介しました

LAに旅行などにくる予定のある方はぜひ参考に

ではまた

 

ソーシャルメディアのフォローお願いします

www.instagram.com

twitter.com