MEGのLA留学日記

アメリカでうろついてる日本人のだらだら日記

海外進学までの道のり 実行編


前回のブログでは私がどうして海外進学を選んだか、ということを書きました。
今回は実行編、ということでどうやって大学を目指していったか説明していきます??

海外進学を目指す方法として大きく分けて4つくらいあります
  1. 自力
  2. コミュニティカレッジに入る
  3. 留学会社などに頼む
  4. 語学学校の進学コースに入る

まず1つ目の自力

そのまんまですが、高校の間に自分で日本から出願して、という形
私がカレッジフェアに行った時は自力で出願して日本の大学の出願もしながら両方のオプションをキープする方々がいました
もちろん自力だからお金がかからずいい、ということなんですが当時何も知らなかった私には自力でやるのは不安でした
そしてカレッジフェアで自力で出願した方々は皆さんすごい高校の出身の方ばかりで「いや、これ自分には無理だ」となり他の方法を探すことにしました?

2つ目、コミュニティカレッジに入る

略してコミカレ
コミカレは2年生の大学で、基本誰でも入れます。語学目的でアメリカに留学してきて入る人もいっぱいいます。
四年制の大学よりも学費が安いため二年間コミカレにいってから四年制の大学に転入する、というお金をセーブするケースもよくあります。
もちろん一年で転校することも可能です。
コミカレに行くことは最後まで悩みました。最終的に選ばなかった理由はあとで書きます。

3つ目、留学会社などに頼む


留学会社(斡旋会社ていうのかな?)に頼む方法は一番安全だと思います。
たくさん情報を持ってる所に聞いて大学を選んでもらい、日本で海外進学の準備を進められます。
しかし、ただその大学出願のプロセスを頼むだけなのに!と思ってしまうほど料金がかかるわけです…
一度説明会などに行ってカウンセリングなどで表面的な海外の大学事情を聞きに行ってけっこうためになりましたが額をみてサヨナラしました????笑

そして最後、語学学校の進学コースに入る

あまりメジャーな方法ではないかもしれませんが、語学学校に大学を進学したい人達に特化したプログラムがあったりします。
出願に必要なTOEFLE、SATの勉強や大学に行く時に困らないようにライティングやプレゼンの授業などをカバーしてくれます。
実際わたしはこの方法を選んだわけですが、大きな理由としてはアメリカの大学ってどんなとこか知らなかった、ということ
もちろんたくさんのリサーチを重ねてはいましたが一度大学を実際見たいという希望がありました。
そして語学学校で学ぶ、ということでいろんな国の人と出会える、というのが魅力的でした。そしてみんな留学生なのにプログラム内にはアメリカの大学、という1つのゴールを目指す団結感はコミカレにはない魅力だったので選びました。
実際ボストンにある語学学校に高校卒業後9ヶ月通ってたくさんの友達ができて刺激を受け別れの時には号泣しました??いまでも連絡をとったり、たまに違う州にいる友達が遊びに来てくれたりします。
なぜボストンを選んだかというと元々ボストンの大学にいきたい、という願望はなかったのですが一番大学がたくさん集まっている所だったからです。(最終的に西海岸来ちゃいましたしね)
実際9ヶ月間学んだ事は今の大学生活にもけっこう役に立っています。

こんな感じで私は海外進学の準備をしました
今思えば長い道のりでした…
どの方法も長所短所ありますが自分に合った方法を見つけるのは大事だと思います
説明会に行って話を聞いたりやだれか実際その道をたどった人に聞くのは不可欠です

この記事が海外進学を考えてる方のお役に立てたら幸いです
実は私は今サマーコースを取っていて六週間のうちもう三週間目に入ってせっぱ詰まってますが頑張っていきます…
それではまた??

いつか大学選びの方法でも書こうかな